水分摂取量

水分摂取量

1日の水分摂取量は足りてますか。 特に高齢者の方は、気付かないうちに脱水症が進んでしまいますので、注意が必要です。

1日の水分摂取量

人のカラダは約70%が水だと言われています。
1日に必要とする量は、(成人で)体重1kg当たり50mlとされています。

体重が60kgの人の場合、1日に3リットルが必要ということになります。

体内に水分を取り込む方法は次の3通り。
①代謝によってカラダの中で生成される。(約0.5L)
②普段の食事から吸収される。(約1.2L)
③ミネラルウォーターなどを直接飲む。

一般的に、成人男性が直接飲む適正摂取量は 1日あたり2Lと言われていますので、
上記の③の「ミネラルウォーターなどを直接飲む」の数字が
適正摂取量とほぼ同じ数字になります。

高齢者 水分摂取量

高齢者の場合、脱水症予防の為にも1.5リットル以上の水sが必要とされています。

高齢者の方の中には、
・水を飲むと疲れやすい。
・汗が出る。

などの理由で飲み物を控えてしまう傾向がありますが、
脱水症や熱中症になる危険性がとても高くなってしまいます。

疾患等で水分制限されている方は その指示に従っていだだくとして、
そうでない方は 少なくとも 1リットルを目標に飲んでいただくと良いでしょう。

血液の濃度にも影響してきますので、しっかり飲んで
健康な状態で毎日を過ごしてくださいね。

水分摂取 目安

水分摂取の目安ですが、

・高齢者は1.5リットル以上、
・体重が60kgは1日に3リットル必要、
などなど、目安としては分かりますが・・・

実際 高齢者に1日1.5リットルの水分を摂らせる場合、食事から摂取する
ほかに 1リットル飲まなければならないと仮定しても、高齢者にとっては
大変な量だと思います。

体重60kgの人も同様ですね。

そこで、オススメしたい方法が・・・

昨日までの日常生活より、意識して 500ml、
もしくは 1000ml 多く水分を摂ってみること!
 です。
 
それを一週間続けます。

それによって、単にトイレに行く回数が増えただけなら水分は足りている
ということになりますが、カラダは "慣れ・習慣" で左右される部分が大
きいので、一週間は状態の確認が必要です。

それをやってみて、無理がかからないようなら 500ml増、1000ml増をおすすめします。

あくまでも 「1日に何リットル」 でなく、

「それまでより 500ml多く、1000ml多く」 です。

水分摂取量 トップへ戻る